流域及び氾濫域の概要① 荒川水系 参考資料4-1 荒川本川は、中流部に大きな高水敷を有し、最大で2.5kmの川幅。 21kから下流の放水路区間は約0.5kの川幅 荒川は、埼玉県秩父山地の甲武信ヶ岳(標高2,475m)にその源を発しています。山岳地帯には、中津川・滝川・大洞川等の各 … 計画のポイントについて. 荒川流域ネットワークは、『荒川を生きもの、いのちの道、一本の川へ』、つまり、海から源流まで自由に自力で生き物が往来できる川と自然環境の復元を目指し、5つのミッションを掲げています。 1. 1.目標年度・人口 荒川は、利根川・江戸川・多摩川等とともに、わが国で最大の広さを持つ関東平野を流れ、東京湾に注ぐ一級河川です。その流域は、東京都と埼玉県を合わせて20区40市18町1村にまたがり、面積2,940km2、人口930万人、人口密度約3,100人/km2。 トップページ > 緑地・景観 ~快適な都市環境の形成~ > 水多摩川・荒川等流域別下水道整備総合計画の策定について > 計画のポイントについて. 第10回里川文化塾では、水の脅威・恵みとともにあった荒川下流域の歴史を垣間見たうえで、船に乗って、この人工水路が流域の暮らしとどのように関わっているのかを学びました。 現在の荒川下流は、大正から昭和初期にかけての大工事で開削された人口の流れで、 それ以前の流域は隅田川として残っています。 さてさて、その荒川の源流。 最初の一滴は、前述の通り甲武信ヶ岳から流れ出すのですが、それは本格的な 荒川の流れが形成されるまでをダイジェストで見てきたが、荒川流域には自治体を越えて取り組む課題がある。 たとえば、甲武信岳からしみ出た清らかな水の流れは、百数十キロの旅路を経るうちに、緑とも茶ともつかない濃い濁りに変わっていく。 県、山梨県)の人口は平成12年度を境に減少傾向に転じている。 首都圏における将来人口は、2020年をピークに減少に転じる予測となっている。 ※フルプランエリア:水資源開発水系である利根川水系及び荒川水系の流域及び両水系から水の供給を受ける地域 1.荒川の概要. 荒川(あらかわ)は、埼玉県および東京都を流れ東京湾に注ぐ河川である。 一級水系である荒川水系の本流で一級河川に指定されている。 水系として、流路延長173 km、流域面積2,940 km 2 。 川幅(両岸の堤防間の距離)は御成橋(埼玉県鴻巣市・吉見町)付近で2,537 mになり、日本最大である 荒川の概要 幹川流路延長 流域面積 1位 信濃川 367km 2位 利根川 322km 3位 石狩川 268km 15位 荒川 173km 1位 利根川 16,842km2 2位 石狩川 14,330km2 3位 信濃川 11,900km2 19位 荒川 2,940km2 流域内総人口 荒川の冠水橋 ~ 埼玉県の冠水橋分布 ~ 荒川は、奥秩父の甲武信ヶ岳(長野県、山梨県、埼玉県の境)を水源とし、東京湾に注ぐ延長173km、 流域面積2940Km 2 の河川である。首都圏を流れる大河川なので(流域の人口は日本で一番多い)、 流域人口は一千万人。 荒川ならではのごみ事情 (荒川河口付近のごみが溜まりやすいエリア。毎日大量のごみが漂着する) ──海のごみとは違う特徴もあるのですね。河川ごみならではの特徴は他にあります …

荒川の流域人口は約1,000万人。沿川に最も多くの人々が住んでいる川の1つです。荒川には人工河川ながら豊かな自然が創出されています。河川敷には以下の写真のように大量の人工系ごみが漂着・堆積しています。これも荒川の1つの姿。 荒川水系と流域 荒川水系は、富士川水系・信濃川水系を分かつ埼玉県秩父山地の甲武信ヶ岳(標高2,475m)にその源を発しています。 山岳地帯には、中津川・滝川・大洞川等の各支川が刻む深いV字形渓谷が形成され、それらの支流を合わせながら東へと流れています。

特に、人口や資産が高度に集積する荒川流域は、ひとたび洪水が発生した場合の影響が甚 大であり、東京海上研究所では地球温暖化の影響を織り込んだリスクの定量評価について研究して 流域内人口: 約976万人 流域関係都県: 埼玉県、東京都: 源流から河口までの様子. 荒川流域概要図 山間部(上流部) 広大な高水敷(中流部) 放水路区間(下流部) 流域は、東京都と埼玉県にまたがり、流域内の人口は、日本の人口の約8%にあたる約1,020万人で、その多くは、沖積 低地、台地、丘陵に集中しています。