Windows10には「共有フォルダ」などにアクセスする時、ネットワーク資格情報を保存して、次回から入力を省略する機能があります。この記事では、保存した資格情報をWindows10から削除・変更する方法について紹介します。 資格情報とはネットワーク上の共有フォルダにアクセスする時に、どの ユーザーとパスワードでアクセスするかを記憶させる機能 です。.

それを「Windows資格情報」というのですが、Windows資格情報でユーザー名とパスワードを記憶させるにはどうしたら良いでしょうか? コントロールパネルから「ネットワーク パスワードの管理」を検 … [資格情報マネージャー]を開き、削除したいWebサイトの詳細情報の[削除]リンクをクリックすると、そのWebサイトのパスワードなどが消去される。 再起動直後に、コントロールパネル(Windows10の設定アプリではない方)からWindows資格情報の詳細を除くと、まるで心当たりのないユーザー名が表示されて、再起動前に保存した情報が保持されていないと見当がつきました。 【資格情報マネージャーに資格情報を追加する】 「192.168.0.1」へユーザー「user01」、パスワード「password」でアクセスする資格情報を追加します

通常Windowsでは資格情報が登録されていない場合、 ログインしているユーザー名とパスワードを使って共有フォルダにアクセス します。